トレチノイン等外用薬や美白化粧品でお尻の黒ずみ解消

顔と違って、人に見られることがほとんどないお尻は、ケアをしないまま放置されることが多い部位です。
そのため、気付いた時には、お尻が黒ずんでしまっていて、後悔する女性も多いのです。
肌は、刺激を受けるとメラニンを作ります。
お尻も、座っている時の刺激によって、色素沈着を起こすことが多いのです。
刺激を受けると、過角化と呼ばれる角質を厚くする現象が起き、角質が厚くなると、くすみが出てきます。
お尻が過角化により黒ずんだ場合の対処方法としては、ケミカルピーリングや、外用薬での治療があります。
ケミカルピーリングは、古い角質を酸によって除去して新陳代謝を促進させます。
外用薬での治療には、ハイドロキノンやトレチノインを使った治療があります。
ハイドロキノンは、強い漂白作用を持っています。
シミの原因となるメラニンの生成を抑えるハイドロキノンや、皮膚のターンオーバーを正常化させるトレチノインの外用薬は、お尻の黒ずみ解消に役立つのです。
皮膚科で処方されるハイドロキノンやトレチノインほど強力ではありませんが、市販されている化粧品の中にも、美白効果の高い製品があります。
美白化粧品は、毎日のスキンケアに使っている人も多いのですが、お尻の黒ずみ解消のために使っている人もいます。
それほど黒ずみが気にならない場合は、手軽に使える美白化粧品を使うようにして、黒ずみが気になる場合は、皮膚科クリニックなどでハイドロキノンやトレチノインなどの外用薬を処方してもらうといいでしょう。
ハイドロキノンやトレチノインは、とても効果が高い治療薬なのですが、使用上の注意があります。
自己流で使うことは避け、必ず医師に相談してから使うようにします。